2022年1月3日月曜日

GoogleフォトのHEIC画像をJPGでダウンロードするオプション

 iPhoneで撮影したHEIC画像をGoogleフォトにバックアップしWEB素材で使用する際にHEICからJPGへの変換が必要になる。私は別の用途だったのでこのオプションは使えないと思い込んでいましたが、人によっては有用ということが分かったので説明します。


Googleフォト上で画像を編集してからダウンロードするとJPGに変換できるが、編集するのは少し気持ち悪いし手間がかかる。

パソコンでダウンロードするときにJPEGでダウンロードするオプションを紹介する、といってもGoogleが公式に公開しているBase URLsのドキュメント通りにオプションを設定するだけ。注意事項としては位置情報が消されるということですが、WEB素材で使用する場合などはかえって都合がよいのではないでしょうか。


手順

  1. GoogleフォトでHEIC画像を表示する。


  2. 画像を右クリックして「新しいタブで画像を開く」を行う。


  3. 新しいタブのURLの末尾を確認する。


  4. 末尾のオプションを変更してJPGファイルをダウンロードする。
    ”=wXXX-hYYY-no?” ⇒ "=d?" と書き換えるだけです。



おまけ

  • iPhoneでHEICからJPEGに変換する場合は「ショートカット」アプリで作成した以下のショートカットをGoogleフォトアプリから呼び出す。

  • iPhoneのブラウザでGoogleフォトにアップロードするとHEICがJPEGに変換される
  • iPhoneのカメラプリの設定でJPEGで保存する設定がある(実は私はJPG保存設定です。)

2 件のコメント:

  1. こんにちは
    Googleフォトのバックアップに失敗して、何から始めれば残った写真を救えるのか、色々検索していますが、ひこざる様のお名前をよくお見かけするので、こちらから失礼している次第です。
    初心者ですので、記述されている内容も解釈がいまいちで、全く前に進めません。
    子供たちとの記録が消えてしまうかと思うと、不安と心配で動悸が止まらず、ここ数日まともに眠れない日が続いています。
    もし可能であれば、直接話を聞いていただけないでしょうか。
    宜しくお願い致します。

    返信削除
    返信
    1. コメントベースだと面倒なので、メールベースでよければ以下で問い合わせ下さい。
      https://blog.hikozaru.com/p/form.html

      削除

質問、要望、指摘など書いていただいてもよいですが、対応できるとは限りませんのでご了承ください。私に対するものも含め他の人を嫌な気分になるようなコメントは避けてください。