2020年9月19日土曜日

Googleフォトにバックアップできない動画をドライブ経由でアップロードする

目的

Googleフォトへのアップロード条件を満たす10GB以下の動画をバックアップする際に「バックアップできませんでした ファイルが大きすぎます」というエラーが表示されうまくバックアップできないことがあるようです。(Googleフォト ヘルプ コミュニティでの質問例

そんな時にはブラウザでGoogleフォトにアップロードという方法も試す価値はあると思うが、ブラウザ経由で直接Googleフォトにアップロードしても同じエラーが表示されるようです。(私自身がアップロードできない現象を再現できていません。)

そんな時にはGoogleドライブ経由でGoogleフォトにアップロードする方法を試してほしい。


概要

手順は以下の3ステップです。

  1. Googleドライブに動画をアップロードする
  2. ブラウザでGoogleフォトにアクセスしてドライブからアップロードする
  3. Googleドライブから動画を削除する

この情報だけで作業できる方は詳細手順を見る必要はありません。


詳細手順

スマホだけで実施しようと思うと結構面倒ですし、文章だけで説明するのは結構大変なので、図を使用して説明する。


  1. Googleドライブに動画をアップロード
    1. Safariブラウザ/ChromeブラウザでGoogleドライブ(ここをクリック)にログインする
      もしGoogleドライブアプリが起動した場合は「3.動画をアップロードする」に進んでください。

      ※すでにログインしている場合はログイン画面はスキップされる


    2. パソコン版のGoogleドライブに切り替える
      「≡」メニューから「パソコン版」を選択する。

      「”ドライブ”で開きますか?」と聞かれるが、今回はブラウザで操作するので「キャンセル」を選択する。

      以下のような画面に遷移したら「パソコン版」への切り替えが成功。


    3. 動画をアップロードする
      左上の「新規」から「ファイルのアップロード」を選択する。


      アップロード元として「フォトライブラリ」を選択して、フォトライブラリの中からアップロードしたい画像を選択し、右上の「完了」を押す。(Androidの場合も同様に写真を選択してください)


      なお、Googleドライブアプリの場合は以下です。


    4. 動画がアップロードされていることを確認する
      アップロード直後は動画アイコン表示される。しばらく待ち、再読み込みなどを行い、動画の先頭フレームの上に再生ボタンが表示されるまで待つ。

      ※待たなくてもよいのだが、ここで動画と認識されることを確認したい。動画と認識されていない場合はこの先の手順で失敗する可能性が高い。

  2. ブラウザでGoogleフォトにアクセスしてドライブからアップロードする
    1. GoogleドライブからGoogleフォトに移動する
      「Googleフォト」アプリを使用してもよいが、アカウントが異なるなどのトラブルを避けるためにブラウザ上でGoogleフォトに移動する。
      画面上の●が9個(3X3)並んでいるアイコンから「フォト」を選択する。


    2. Googleフォトでドライブからのアップロードを選択する
      ↑アイコンをタップしアップロード元として「Googleドライブ」を選択する。


    3. ドライブにアップロードした動画選択する
      Googleドライブの中から目的の動画を探し「アップロード」を行う。今回は「マイドライブ」にアップロードしたので「マイドライブ」の直下にある動画を選択した。


    4. アップロードサイズの設定を選択する
      「元のサイズ」でアップロードするか、「高画質」でアップロードするかを選択する。この設定の違いについてはヘルプの記事を参考にしてほしい。なお、記事の最後のほうにGoogleドライブからアップロードしたデータは「容量の解放」を行っても「高画質」に変換できないと書いてある(未検証)ので適当に選択しない方が良いかもしれない。


    5. アップロードされていることを確認する
      ここでもしばらくは灰色表示だが、しばらくすると正常になる。

      ※ここで動画が再生できるかも確認する。

  3. Googleドライブから動画を削除する。

    1. 再度SafariブラウザでGoogleドライブ(ここをクリック)にアクセスして動画を削除する。
      動画を選択し、右上のゴミ箱アイコンで削除する。


    2. ゴミ箱からも完全に削除する
      ゴミ箱に移動し、動画を選択し、右上のゴミ箱アイコンで完全に削除する。


注意事項

  • GoogleドライブにアップロードするとGoogleアカウントのストレージ容量を消費するので、十分な容量が開いていないときにはこの方法は使用できない。
  • 検証していないが、ヘルプの記事にGoogleドライブからアップロードしたデータは「容量の解放」を行っても「高画質」に変換できないと書いてある。


2020年9月12日土曜日

Googleフォトのデータを別のアカウントに移行する

パートナー共有を使用する

概要

Googleフォトで一つのアカウントとデータを共有する機能があり、「パートナーとの共有を設定する」に説明されています。この機能を使用してデータを移行します。

移行手順

  1. 移行元アカウントでログインして「共有パートナーとの写真の共有」の手順を行い、共有先に招待状を送付する
  2. 移行先アカウントでログインして「パートナーとの共有の招待状を承認する」の手順を行う。
  3. 移行先アカウントでログインして「共有パートナーの写真を保存する」の手順を行う。

基本はこれでおしまいですが、本当に移行できていることを確認する方法は以下です。

確認手順

  1. 移行元アカウントもしくは移行先アカウントでログインして「パートナーを削除する」の手順を行い、パートナー共有を解除する。
  2. 移行元アカウントでログインして重要でない写真を1枚ゴミ箱に入れてみる。いらない写真であればゴミ箱からも完全に消去してもよい。
  3. 移行先アカウントでログインして先ほどゴミ箱に入れた写真が「フォト」に表示されていることを確認する。
ここまでの説明で移行作業は完了です。特に迷わず作業できる人は以降を見る必要はありません。


詳細

iPhoneのGoogleフォトアプリでの詳細手順を説明する。

パートナー共有機能での移行手順

  1. 移行元アカウントでログインして「共有パートナーとの写真の共有」の手順を行い、共有先に招待状を送付する
    1. Googleフォトアプリの右上のアカウントアイコンが移行元アカウントであることを確認し、そのアカウントアイコンから「フォトの設定」>「パートナーとの共有」に移動する


    2. 共有パートナーとの写真の共有を「使ってみる」を選択し、共有パートナーとして移行先アカウントを指定する。


    3. 移行先アカウントが間違えていないことを確認し、共有する写真の条件を確認したら「招待状を送信」を行う。


  2. 移行先アカウントでログインして「パートナーとの共有の招待状を承認する」の手順を行う。
    1. Googleフォトアプリの右上のアカウントアイコンが移行先アカウントであることを確認し、Googleフォトアプリの左上の吹き出しアイコンから共有メニューを表示する。


    2. 共有メニューから「移行元アカウントさんの写真」を選択し、「パートナーとの共有の招待状」を「承諾」する。


  3. 移行先アカウントでログインして「共有パートナーの写真を保存する」の手順を行う。
    1. Googleフォトアプリの左上の吹き出しアイコンから共有メニューに行き「自動保存をオンにすることをお勧めします」を選択し、「すべての写真」にチェックを入れて元の画面に戻る。

    2. 共有メニューで設定が反映されていることを確認し、「フォト」に移行元アカウントの写真が表示されていることを確認する。

移行が完了していることの確認手順

  1. 移行元アカウントもしくは移行先アカウントでログインして「パートナーを削除する」の手順を行い、パートナー共有を解除する。
    1. 共有メニューより「共有パートナーさんの写真」に移動し、右上の「・・・」メニューの「設定」に移動する

    2. 「パートナー共有の削除」を行い、共有パートナーが解除されたことを確認する。

  2. 移行元アカウントでログインして重要でない写真を1枚ゴミ箱に入れてみる。まずはゴミ箱に入れるだけで試す。


    もし本当になくなってもよい写真がある場合はゴミ箱からも削除してみる。


  3. 移行先アカウントでログインして先ほどゴミ箱に入れた写真が「フォト」に表示されていることを確認する。

注意事項

Googleフォト全般に言えることだが、いつの間にか動作が変わっていることがあったり、アカウントによって動作が異なることがあったり、一時的にサーバーが不調なことなどがある。
移行元アカウントを削除したり、移行元アカウントから写真を消すなどの目的の場合は、共有パートナーを解除した後に、移行先アカウントの「フォト」に写真が残っていることをしっかり確認したほうが良い。特に、写真だけでなく、動画などもよく確認し、最近の写真だけでなく、古い時期の写真も確認するとよい。