2020年11月21日土曜日

Googleフォトの画質設定は複数ある

概要

Googleフォトには「元のサイズ」と「高画質」と「エクスプレス」(日本は対象外)という設定がある。この設定は色々な場所で設定可能で、それぞれ意味合いが異なるので適切な場所で適切な設定を行う必要がある。
意図せず容量消費が多かったり、きれいに残しておきたい画像が劣化したりといった問題に遭遇している人が多い。
各設定方法とその設定がどういった操作に影響を与えるかを書いてみた。

1.ブラウザでアクセスする「Googleフォト」

1-1.設定方法

ブラウザで https://photos.google.com/settings にアクセスし設定する。



1-2.影響範囲

  • ブラウザも用いたGoogleフォト(https://photos.google.com)へのアップロード
  • スマホの「Googleフォト」アプリでの手動バックアップ

2.スマホの「Googleフォト」アプリ

この設定はデバイス毎に保存されているため、デバイス毎に異なる設定にすることができる。複数のデバイスを所有している場合にはすべてのデバイスで適切な設定にする必要がある

2-1.設定方法

「右上のアカウントアイコン」>「フォトの設定」>「バックアップと同期」で設定する。






2-2.影響範囲

  • 設定を行ったデバイスの「Googleフォト」アプリで「バックアップと同期」が有効なケースでの自動バックアップ
    ※「Googleフォト」アプリで手動でバックアップした場合には1-1.の設定でアップロードされる。

3.パソコンの「バックアップと同期」

この設定はパソコン毎に保存されているため、パソコン毎に異なる設定にすることができる。複数のパソコンを所有している場合にはすべてのパソコンで適切な設定にする必要がある

3-1.設定方法

Googleのバックアップと同期の設定画面の3-1の④で設定する。

3-2.影響範囲

パソコンの「バックアップと同期」による自動バックアップ


Googleフォトに保存されているデータ容量を調べる

背景

Googleフォトのデータすべてダウンロードしたときにどの程度の容量になるか確認する方法を説明する。
消費している容量は ドライブの設定画面 で確認できる。また、Googleフォトに保存されているデータ数は Googleダッシュボード で確認できる。
しかし、2021/5/31以前に「高画質」設定でアップロードした画像は容量カウントされておらず、写真の枚数からは容量は求めることができない。

実際にすべてのデータをダウンロードしなくても概略の容量を推定する方法を説明する。

手順概要

1.Googleデータエクスポート機能でフォトのエクスポートデータを生成
2.生成されたエクスポートデータの総容量を確認する 
3.総容量を圧縮率で割ることで元のデータサイズを推定

詳細手順

Googleフォトで「アーカイブ」している画像はエクスポートされないので注意が必要

1.Googleデータエクスポート機能でGoogleフォトのエクスポートデータを生成
1-2.「選択をすべて解除」を行う

1-3.Googkeフォトの項目にチェックを入れる

1-4.「次のステップ」をクリックする

1-5.エクスポートの形式などを選択する

配信方式ダウンロードリンクをメールで送信
頻度1回エクスポート
ファイル形式.zip
ファイルサイズ50GB
そのままダウンロードする場合は適切な値を選ぶ

1-6.「エクスポートを作成」をクリックする。

2.生成されたエクスポートデータの総容量を確認する
2-1.ダウンロードリンクを含むメールを受信する
2-2.メールの「エクスポートを管理」をクリックしエクスポートの管理画面を表示する

2-3.エクスポート列からエクスポートデータの総容量を確認する


3.総容量を圧縮率で割ることで元のデータサイズを推定
エクスポートデータの総容量をエクスポートデータの圧縮率で割る事でデータサイズを推定する。今回の実験結果の結論としてはほぼ圧縮されてない様なので、エクスポートデータのサイズがそのまま展開後のサイズのようだ。圧縮されていると思い記事を書きながら実験したが意味がなかった。
 
エクスポートデータ総容量 GBの時
  • 平均圧縮率(=1.00008)による推定はGBです
  • 最大圧縮率(=1.00022)による推定はGBです
  • 最小圧縮率(=0.99904)による推定はGBです

圧縮率について

写真と動画の枚数比率、画像ファイルサイズ、解像度、などの影響により変化するのではないかと予想しZIPファイルを解析してみた。今回求めた数値は10GB分割ZIPファイルでトータル90.16GBのエクスポートデータを実際にダウンロードしたうえで、展開前後の容量を比較した結果をもとにしている。

今回圧縮率を求めたZIPファイルの展開前後の容量比較

ZIP番号
ZIPサイズ
(MB)
展開サイズ
(MB)
圧縮率
ファイル数
00110,24310,2411.0001823,674
 - .json : 19064
 - .png : 1724
 - .jpg : 2692
 - .heic : 20
 - .gif : 4
 - .mov : 111
 - .mp4 : 53
 - .jpeg : 6
00210,24110,2391.0002110,839
 - .mp4 : 25
 - .jpg : 1906
 - .json : 7649
 - .png : 1183
 - .mov : 49
 - .gif : 5
 - .heic : 21
 - .jpeg : 1
00310,24110,2391.000207,248
 - .mp4 : 21
 - .png : 1053
 - .json : 3701
 - .jpg : 2442
 - .mov : 24
 - .heic : 4
 - .gif : 2
 - .jpeg : 1
00410,22910,2271.000223,008
 - .jpg : 1872
 - .png : 609
 - .mov : 18
 - .heic : 11
 - .json : 458
 - .mp4 : 31
 - .gif : 5
 - .jpeg : 4
00510,19010,1990.999041,800
 - .mp4 : 15
 - .jpg : 1182
 - .mov : 36
 - .png : 94
 - .heic : 4
 - .json : 466
 - .jpeg : 2
 - .html : 1
00610,20610,2041.000203,380
 - .mp4 : 35
 - .jpg : 1810
 - .png : 270
 - .mov : 19
 - .json : 1234
 - .gif : 3
 - .heic : 9
00710,21210,2101.000223,069
 - .jpg : 2407
 - .png : 287
 - .mov : 44
 - .heic : 21
 - .mp4 : 24
 - .json : 285
 - .gif : 1
00810,15910,1571.000201,619
 - .jpg : 1376
 - .png : 176
 - .mp4 : 8
 - .mov : 14
 - .gif : 2
 - .json : 43
00910,03810,0361.000212,896
 - .jpg : 2543
 - .gif : 7
 - .png : 263
 - .mp4 : 25
 - .jpeg : 1
 - .mov : 25
 - .heic : 29
 - .json : 3
0105595591.000151
 - .mp4 : 1

2020年11月10日火曜日

Android(Pixel3)のLINEアプリでGoogleフォトの写真を参照する

Pixel3以外のAndroid端末を使った事が無いので他の機種では出来るか知りません。また、LINE以外のアプリでも使えます。

1.LINEアプリで画像を選択する際に右下のアイコンをタップ


2.画面右上の「すべて」をタップし表示されたメニューから「開く」を選ぶ


3.上部に表示されている「他のアプリでファイルを探す」から「フォト」をタップ


4.右下にすこしの間だけ表示されるアカウントを確認、もし違うアカウントの場合は右上の「⋮」をタップしアカウントを切り替える


5.後はフォトやアルバの中から目的の写真を選択する





出来ると分かっていればそんなに悩まないが、なかなかこのまで行けつけない。そんな内容でした。












2020年11月9日月曜日

iPhoneの写真サイズをSafariブラウザだけで確認する

iPhoneの画像サイズを調べる方法

使用するアプリ


  • Safariブラウザ(Chromeブラウザでも可能)

方法


1.以下の「ファイルを選択」をタップする。

※データが送信されることはありません。不安であれば、機内モード&Wi-Fiオフにしてからタップしてください。

2.サイズをチェックしたい画像を選択します。


3.左上のキャンセルで終了

2020年10月4日日曜日

iPhoneの写真アプリのアルバムをGoogleフォトのアルバムに移行する方法

目的

iPhoneの写真アプリで整理していたアルバムをGoogleフォトのアルバムに移行したい事があるが、Googleフォトアプリの機能ではできない。

ここではそれを解決する方法を紹介する。この方法は「写真」アプリ、「Safari」アプリ、「ドライブ」アプリを使用する。


手順が多いので、アルバムに登録されている写真が多い時は有効だが、写真登録枚数が少ないアルバムが大量にある時はあまり有効ではないかもしれない。

概要

以下の手順で作業を行う。

  1. Googleドライブアプリがインストールされていない場合はインストールする
  2. 写真アプリの共有機能でアルバムの写真をGoogleドライブに登録する
    この時に新しいフォルダを作成しそこに登録する
  3. SafariブラウザでGoogleフォトにログインし、アルバムを作成
  4. Googleドライブの写真をアルバムに追加
  5. Googleドライブの写真を削除

この説明で理解できる場合は詳細は読まずに注意事項だけを参照してください。


詳細

1.Googleドライブのインストール

App Storeで「Googleドライブ」を検索してダウンロードする。ダウンロードしたらアプリを起動し、ログイン出来ることを確認する。

 

2.写真アプリのアルバムからGoogleドライブに登録

2-1.写真アプリで該当のアルバムを表示し、すべての写真を選択する

2-2.共有アイコンより「ドライブ」アプリに共有する

2-3. Googleドライブにアップロード先フォルダを作成する

2-4. フォルダ作成直後にアップロードすると失敗するのでその対策を行う

一度フォルダを移動し、再度戻ってくる

2-5. アップロード先のアカウントとフォルダを再確認してアップロードする

3.Googleフォトにアルバムを作成

3-1.SafariブラウザでGoogleフォト(https://photos.google.com)にログインしアルバムを作成する

3-2.アルバムに名前を付け、画像を追加する

4.Googleドライブの画像をアルバムに追加

4-1.写真の追加元として「ブラウズ」を選択する

4-2.Googleドライブを追加する

4-3.Googleドライブ内のフォルダを選択する

4-4.ファルダ内の画像をすべて選択する

4-5.移行(アップロード)を実行する

ここまででGoogleフォトのアルバムへの移行は完了している

5.Googleドライブの写真を削除

5-1.「ドライブ」アプリを使用してデータを削除する

注意事項

写真アプリの設定画面でフォーマットが「高効率」になっている場合にはファイル形式がHEICになっている。今回説明した方法だと途中でJPEGに変換されるため、以下の現象が発生する。

画質の劣化

「写真」アプリの共有機能でGoogleドライブに登録する際にはHEICがJPEGに変換されてしまう。「Googleドライブ」アプリでアップロードすることでHEICのままアップロード可能だがHEICファイルをドライブからフォトに移行できない。

画像の重複

「Googleフォト」アプリをでアップロードする場合にはHEICファイルのままアップロードされる。Googleフォトは同じファイルを何度アップロードしても重複登録されない仕組みになっているが、今回の方法で変換されたJPEGファイルとHEICファイルは同じファイルとは認識してくれないため重複登録される可能性がある。


これらの現象が許容できない場合にはGoogleフォトで地道にアルバムを作り直すしかない。