2020年7月26日日曜日

Google Driveで共有しているファイルやフォルダの一覧を表示する。

Googleドライブで共有しているものを探す方法を知りたい人がいたので、簡単にコードだけを張っておきます。(見てもらえそうなヒントだけ張っておきましたが、見てもらえるか、、、、)
といっても15,000程度のファイルを処理できるか検証途中です。

①GoogleのSpreadsheetでスクリプトエディタを開く
②以下のコードを張り付けて保存する
③メニューの「実行」>「関数を実行」>「start」を行う
④「ContinuationToken」というシートが追加され途中経過が保存される。
 6分間で処理しきれないので、処理を中断するためのトークンが保存されている
 A1セルおよびA2セルがFinishになったら処理終了
⑤結果は「SharedFolders」シートと「sharedFiles」シートに出力される。

  // メールに対する処理
function start()
{
  // ファイルとフォルダを並行して処理する
  // フォルダの処理は1分後にトリガ指定
  ScriptApp.newTrigger("CreateFolderList")
  .timeBased()
  .everyMinutes(5)
  .create();
  
  CreateFilesList();
  return;
}

function CreateFilesList() {
  
  // スクリプト実行開始時間を取得(6分制限用)
  var StartTime   = new Date();

  // トリガを削除する
  var triggers = ScriptApp.getProjectTriggers();
  for (var i = 0; i < triggers.length; i++) {
    if( triggers[i].getHandlerFunction() == arguments.callee.name )
    {
      ScriptApp.deleteTrigger(triggers[i]);
    }
  }

  // 出力シート
  var resultSheet = getSheet('SharedFiles');

  // ContinuationTokenを保存するセルを取得
  var ContinuationTokenRange = getSheet('ContinuationToken').getRange("A1");

  // ContinuationTokenを取得
  var ContinuationToken = ContinuationTokenRange.getValue();
  if( ContinuationToken == "" ){
    // ContinuationTokenが空の時は全ファイルを取得
    var targets = DriveApp.getFiles();
  }else if( ContinuationToken == "Finish" ){
    // 処理が終了している場合は実行しない。
    return;
  }else{
    // ContinuationTokenを取得できた場合はイテレータにセット
    var targets = DriveApp.continueFileIterator(ContinuationToken);
  }

  while( targets.hasNext() )
  {
    // 5分間実行したら処理を止めて、次のトリガーを設定する。
    var CurrentTime = new Date();
    if( (CurrentTime - StartTime) > 5*60*1000 ){
      var trigger = ScriptApp.newTrigger(arguments.callee.name)
      .timeBased()
      .everyMinutes(5)
      .create();
      ContinuationTokenRange.setValue(targets.getContinuationToken());
      return;
    }

    // 処理対象を取得
    var target = targets.next();
    
    // 共有モードを取得
    var access = target.getSharingAccess();
    
    if( DriveApp.Access.PRIVATE != access )
    {
      // 共有している場合は出力用のデータを取得
      var path = createPathString(target);
      var owner = target.getOwner().getEmail();
      var id = target.getId();
      resultSheet.getRange(resultSheet.getLastRow()+1,1,1,4).setValues([[path,owner,access,id]]);
    }
  }
  ContinuationTokenRange.setValue("Finish");
  return;
}

function CreateFolderList() {
  
  // スクリプト実行開始時間を取得(6分制限用)
  var StartTime   = new Date();

  // トリガを削除する
  var triggers = ScriptApp.getProjectTriggers();
  for (var i = 0; i < triggers.length; i++) {
    if( triggers[i].getHandlerFunction() == arguments.callee.name )
    {
      ScriptApp.deleteTrigger(triggers[i]);
    }
  }

  // 出力シート
  var resultSheet = getSheet('SharedFolders');

  // ContinuationTokenを保存するセルを取得
  var ContinuationTokenRange = getSheet('ContinuationToken').getRange("A2");

  // ContinuationTokenを取得
  var ContinuationToken = ContinuationTokenRange.getValue();
  if( ContinuationToken == "" ){
    // ContinuationTokenが空の時は全フォルダを取得
    var targets = DriveApp.getFolders();
  }else if( ContinuationToken == "Finish" ){
    // 処理が終了している場合は実行しない。
    return;
  }else{
    // ContinuationTokenを取得できた場合はイテレータにセット
    var targets = DriveApp.continueFolderIterator(ContinuationToken);
  }

  while( targets.hasNext() )
  {
    // 5分間実行したら処理を止めて、次のトリガーを設定する。
    var CurrentTime = new Date();
    if( (CurrentTime - StartTime) > 5*60*1000 ){
      var trigger = ScriptApp.newTrigger(arguments.callee.name)
      .timeBased()
      .everyMinutes(5)
      .create();
      ContinuationTokenRange.setValue(targets.getContinuationToken());
      return;
    }

    // 処理対象を取得
    var target = targets.next();
    
    // 共有モードを取得
    var access = target.getSharingAccess();
    
    if( DriveApp.Access.PRIVATE != access )
    {
      // 共有している場合は出力用のデータを取得
      var path = createPathString(target) + "/";
      var owner = target.getOwner().getEmail();
      var id = target.getId();
      resultSheet.getRange(resultSheet.getLastRow()+1,1,1,4).setValues([[path,owner,access,id]]);
    }
  }
  ContinuationTokenRange.setValue("Finish");
  return;
}

// targetファイル/フォルダの親フォルダをループしてパスを生成する
function createPathString(target)
{
  var path = target.getName();
  var cur = target;
  while( cur.getParents().hasNext() ){
    cur = cur.getParents().next();
    path = cur.getName() + "/" + path;
  }
  return path;
}

// 名前を指定してシートを取得、シートがないときは新規に作成する
function getSheet(sheetName)
{
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = ss.getSheetByName(sheetName);
  if( sheet === null )
  {
    sheet = ss.insertSheet(sheetName)
  }
  return sheet;
}

2020年7月12日日曜日

Googleフォトアプリのレイアウト変更

Googleフォトアプリで画像一覧のレイアウトを変更する方法は、簡単だけど気が付きにくい。二本指で画面をタッチしてそのまま指の間隔を広げる、もしくは縮めることでレイアウトを変更できる。



2020年7月4日土曜日

iPhoneのブラウザでGoogleフォトにアップロード

iPhoneのGoogleフォトアプリがLineなどの画像を認識しない事がある。写真アプリでは表示されるのにGoogleフォトアプリには表示されないようだ。

そんな時はiPhoneのSafariブラウザでGoogleフォトにログインしてアップロードすると良い。画面の右上に「⋮」横にある「↑」アイコンからアップロード出来る。

アップロード元として「電話」を選択するとデバイスの写真を選択できるので、そこから目的の写真を選択する。


もし、上記でもうまくアップロードできない場合は一度その写真をグーグルドライブにアップロードしてからアップロード元として「Googleドライブ」を選び、Googleドライブからアップロードを試してみるとよい。
なお、通常のGMailアカウントだと「Googleドライブ」も選択できるが、GSuiteアカウントだとアップロード元として「電話」しか選択できないのでこの方法は使えない。

Googleフォトの「思い出」機能が白っぽくなる

Googleフォトアプリに「思い出」機能があります。

この思い出のタイトルが白っぽく濁ることがある、ヘルプに記載されていない。

動作的には、どうも閲覧済みになると白っぽくなるようです。思い出の中の画像を半分程度を閲覧すると閲覧済みとして扱われるようです。

2020年7月2日木曜日

Googleフォトの共有機能

スマホ(iPhoneやAndroid)向けのGoogleフォトアプリでの共有機能について説明する。

 1.共有している画像の確認方法
 2.パートナー共有
 3.チャット共有
 4.共有アルバム

1.共有している画像の確認方法

Googleフォトアプリのメイン画面左上の吹き出しアイコンをタップしてください。共有メニューが表示されます。いろいろな共有方法がありますが、共有している内容はすべてここで確認できます。





2.パートナー共有

文言通りパートナーと写真を共有することに特化した機能。すべての写真を共有することができ。特定の人物が映っている写真を共有したり、指定日以降の写真を共有することができる。詳しくは「Google フォト ライブラリをパートナーと共有する」を参照してください。

2-1.パートナー共有の状況を確認する
共有メニューの一番上に表示されます。アカウントアイコンの横に「パートナー共有」や「XXXさんの写真」などと書かれているものがあればパートナー共有機能を使用しています。
■パートナーに自分のライブラリを共有するため招待状を送った状態

■パートナーからのライブラリ共有の招待状を受け取った状態

■共有パートナーとライブラリを共有した状況

2-2.共有パートナーの写真を見る
Google フォト ライブラリをパートナーと共有する」に詳しく書いてあるので説明は省略。

2-3.共有パートナーの写真を保存する
パートナー共有しただけだと、パートナーの写真を閲覧することができても自分のGoogleフォトには保存されていません。もしパートナー共有をやめたらそれ以降は写真を見ることができないです。また、共有元のパートナーが画像を削除すると、その写真は見ることができなくなります。
Google フォト ライブラリをパートナーと共有する」の「共有パートナーの写真を保存する」という手順に従いご自身のフォトライブラリに保存してください。

2-4.別の人とパートナー共有する
一人としかパートナー共有できません、別の人とパートナー共有したい場合には一度パートナー共有を停止してから、新たに別の人に共有の招待を行ってください。

2-5.パートナー共有を停止する
Google フォト ライブラリをパートナーと共有する」に詳しく書いてあるので説明は省略。

3.チャット共有

チャット共有という言葉はないので勝手にそのように読んでますが、スレッド共有かもしれないし、インスタント共有なのかもしれないです。とりあえずGoogleが機能に名前を付けていないので何とも説明しにくい、わからなくても質問しにくい機能です。Googleから発信されている情報としては「Now it’s easier to share everyday moments in Google Photos」などがあるのですが、ヘルプから本機能の説明が見つかりません。


4.共有アルバム


4-1.特定のユーザーとアルバムを共有する

作成したアルバムをメンバーを指定して共有することができ、メンバーを削除することもできる。
しかし、よくよく「共有アルバムで写真のプライバシーを管理する方法」を読んでみると注意事項として「共有アルバムからユーザーを削除しても、リンクの共有が有効になっている場合は、元のリンクを知っている全員がアルバムを閲覧できます。」と記載されている。
検証が必要だが、一度追加したメンバーだけを削除することは出来ないという事ではないか?そうであればユーザー削除などという操作を作る必要があるのだろうか?要検証!!!

4-2.共有リンク

アルバムにアクセスするための共有リンクを作成することができる。

2020年2月22日土曜日

Googleフォトの「高画質」と「元の画質」の画像比較

Googleフォトの高画質無料設定は画像が再圧縮されるので画像が劣化する。では実際にどの程度劣化するのか?この差が気になるのか気にならないのかは人によるので比較結果を参考にしてください。

1.使用画像

元の画質 高画質

2.拡大比較

元の画質 高画質

3.超拡大比較

元の画質 高画質
拡大場所

4.検証環境

撮影機材 iPhone 7 Plus iOS 13.3.1
使用PC Windows 10 Pro x64 (10.0.18362.0)
.NET Runtime 4.0.30319.42000
DPI 96 (1.00x scale)
paint.net V4.2.10 (Final 4.210.7348.40816)

2020年1月4日土曜日

Googleフォトの「空き容量を増やす」で特定の画像を端末に残す

スマホでGoogleフォトを使用する目的の一つに、Googleフォトにバックアップした画像を端末から削除する「空き容量を増やす」機能がある。「空き容量を増やす」を実施するとGoogleフォト(ブラウザでhttps://photos.google.comにログインして使用するサービス)にバックアップ画像をスマホから削除できる。スマホの空き容量が足りなくなったときに非常に重宝する。

しかし、この機能はバックアップが完了したすべての画像を削除するので、端末に残しておきたい画像も削除してしまう。端末に画像がないと、Facebook、Twitter、インスタなどに画像を投稿する場合に不便。期間を指定して空き容量を増やすことができるとよいのだが、そういった機能がない。

「空き容量を増やす」を実行する際に、任意の画像を端末に残す方法を説明する。

1.iPhoneの場合
2.Androidの場合

iPhoneに関しては簡単に対応できるが、Androidの場合は少し面倒で機種により操作が違うかもしれない。

1.iPhoneの場合
iPhoneの場合にはiOS標準の写真アプリにある「非表示」機能を使用することで、Googleフォトが端末から写真を削除するのを防ぐ。これで説明としては十分な気がするが、念のため操作画面を張り付けておく。

1-1.写真アプリで該当データを非表示
残したいデータを選択し、非表示にする。


1-2.Googleフォトアプリで「空き容量を増やす」を実施
Googleフォトアプリの「≡」メニューから「空き容量を増やす」を実施する。


1-3.写真アプリで非表示にしたデータを再表示
写真アプリの「非表示」アルバムの中にある写真を「再表示」する。
2.Androidの場合

まだ十分を検証できていないので、今後更新予定。
おおむね以下の手順
2-1.Fileアプリなどのファイルマネージャーアプリを用いて、Google作業用のフォルダに画像を移動する。
2-2.その後「空き容量を増やす」を実施する
2-3.作業用フォルダから元のフォルダに戻す。